サービス

郵便局が翌日・土曜日配達を廃止!いつ届くようになるの?いつから?

こんにちは、Hassyです!

何かと騒がれている郵便局が、とうとう翌日・土曜日配達を2020年の秋にも廃止するという方針があった!

配達の大手である郵便局がこのような方針を決めたことで、今後の配達状況も変わっていくのでしょうか?

そして、実際に翌日・土曜日配達が廃止されたら、手紙やはがきなどの郵便物はいつ届くようになるのか?

なぜ、廃止する方針なのか、その理由も調べてみました!

題して『郵便局が翌日・土曜日配達を廃止!いつ届くようになるの?いつから?』をお届けします!

Sponsored Links

郵便局が翌日・土曜日配達を廃止!いつから?理由は?

総務省は6日、郵便局の活性化策を議論する有識者会議を開き、日本郵便が求めた土曜日の配達取りやめなどを容認する報告書をとりまとめた。郵便物が減少する中、人手不足が深刻な宅配便などへの配置転換などで業務を効率化させる狙い。総務省は今秋の臨時国会に郵便法の改正案を提出したい考えだが、かんぽ生命保険の不正販売問題で保険販売を請け負ってきた郵便局への信頼は揺らいでおり、法改正の先行きに不透明感が広がっている。

出典:SankeiBiz(https://www.sankeibiz.jp/business/news/190807/bsd1908070500004-n1.htm)

これを読むと

郵便物が減少しているということですが、やはり、手紙やはがきは出さない傾向にあるのが、改めて感じました!

僕自身も、手紙やはがきを出すときは、年賀状くらいで、暑中見舞いや寒中見舞いなどは全く出しいませんし、その年賀状ですら、今後はどうなるかわかりません!

30年代でもこのような傾向があるので、10代や20代はもっと顕著になっていると思います。

さらに人手不足という社会問題も相まって、営業が事実できない状況もあるのでしょう!

確かに働き方改革により、実働時間はどんどん短くなっていってますよね。

そのこと自体は否定しませんが、人手不足の中、働き方改革をするには、実際の営業時間を廃止にするしかないのかもしれませんね!

郵便物は減っている一方、宅配物は増えているので、人員をどうしても配達の方に増やさなければいけないという現状ですので、翌日・土曜日配達を廃止は仕方ないのかもしれませんね!

そうすることで、配達業務が効率化するのであれば、僕たちの生活にもそれほど、影響は出ないのかもしれませんね。

いつから開始するかについてはまだはっきりしていなく、2020年の秋の予定と郵便局はしていますが、土曜日配達を辞めるには、郵便法を改正する必要があります。

つまり、国会で話し合う必要があるということです。

しかし、かんぽ生命の不正販売問題の影響により、まずは、「その問題をクリアにできない限りは国会で議論できない」との声があるため、もしかすると、2020年の秋の予定がもう少し遅くなるかもしれませんね!

しかし、いずれにせよ、翌日・土曜日配達は無くなることは間違いないでしょう!

いつ届くようになるの?

では、実際、郵便物が翌日・土曜日配達を廃止になった場合は出した郵便物はいつ届くようになるのかきちんと把握しておきましょう!

今までは大体翌日についていた郵便物ですが、今後は2日後がベースで、最長の木曜日に関しては、4日後に着くようになります!

ただ、これは、近い場所でのことだと思いますので、距離が離れていれば、もっとかかるということですね!

それをわかりやすく、図にしてみました。

このようになるみたいで、ゆとりをもって出すことを心がけましょう!

でも木曜日に出すと、次の週の月曜日になるので、かなり時間がかかるようになりますので、そこはご注意ください!

「でも、どうしても急ぎで送りたいんだよなぁ。。。」

っていう方は、速達をご利用ください!

料金はかかりますが、1割程度安くなるようですので、利用するといいかもしれませんね!

まとめ

今回ご紹介した『郵便局が翌日・土曜日配達を廃止!いつ届くようになるの?いつから?』はいかがだったでしょうか?

いつから開始されるかですが、郵便局は2020年秋ごろに翌日・土曜日配達を廃止したい考えですが、かんぽ生命の不正販売問題の影響により国会での議論が進まなければ、もしかすると、もう少し遅くなるかもしれませんね!

でも間違いなく翌日・土曜日配達は廃止になるでしょう!

そして、実際、翌日・土曜日配達が廃止した場合手紙やはがきはいつ届くようになるのか?

今までは大体翌日についていた郵便物ですが、今後は2日後がベースで、最長の木曜日に関しては、4日後に着くようになります!

これは、近い場所でのことだと思いますので、距離が離れていれば、もっとかかるということですね!

人手不足の社会問題は大企業である郵便局にも影響があり、採算が取れなければ民間企業としては、やむを得ないこともありそうですが、暮らしに密接に関わる郵便局だということも忘れないでほしいと思います!

だからこそ、僕たちも応援していきましょう!

今回は以上です!最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた、Hassyでした。