サービス

Facebook仮想通貨(暗号資産)リブラの口コミや評判を調査!

こんにちは、Hassyです!

いよいよ実現間近になってきましたね!まだまだ仮想通貨に抵抗感や嫌悪感がいる人もいるかもしれませんが、あのFacebookがやる仮想通貨(暗号資産)なら、抵抗感もかなり減るのではないでしょうか!

ついに

Facebookの仮想通貨の名前が決まりましたね!

具体的な内容はまだまだ謎ですが、徐々に明らかになっていくことでしょう!

そこでスタートする事前に知っておくことは大切だと思い、気になる口コミや評判などの反応をお届けしようと思います!

専門家の意見や一般の人はどう思ってるのか、違いはあるかなどを調査しました!

題して『Facebook仮想通貨(暗号資産)リブラの口コミや評判を調査!』をお届けします!

Sponsored Links

Facebook仮想通貨(暗号資産)リブラとは?

始めにFacebook仮想通貨(暗号資産)リブラについてどんなものか?を解説します!

Facebookの仮想通貨の名前が【リブラ】と決定しました!さらに開始時期については2020年上半期ということです!

仮想通貨といったらどんなイメージがありますか?

多くは投資的なイメージで、株や為替同様に資産運用な感じでしょうか?

もちろん、仮想通貨を投資目的で利用されている方も多いと思いますし、代表的な仮想通貨で言えばビットコインがあると思います!

しかしこのFacebook仮想通貨(暗号資産)リブラはそういった投資的な仮想通貨と違い、フェイスブックが考える仮想通貨はステーブルコインと言って、価値が一定である通貨の事をいいます。

これにより、世界共通のお金を実現させようとしています!

世界共通のお金と言っても漠然としているのでどういうことかというと、世界の金融インフラを整えるということです!

世界には銀行口座を持たない人17億人いると言われています。そこでFacebook仮想通貨(暗号資産)リブラにより、個人個人で保管・管理が行えるようにすることで、銀行口座を持たなくても資産を保管することが出来るようになります。

さらに、ウォレットを使うことで送金や決済も可能になり、手数料も削減できます。

参加企業も28社で、Visa、Mastarcard、PayPal、Uberなどのメジャー企業や有名投資ファンドがメンバーとなっているのも特徴の一つだと思います!

出典:みんなの仮想通貨(https://cc.minkabu.jp/news/2934)

簡単にまとめていきます

リブラとは

  • Facebookが発行する仮想通貨
  • 資産の裏付けで価格は安定
  • 金融インフラを整える
  • メジャー企業28社が協力
  • 専用のウォレットを使い低コストで送金や決済ができる
  • ユーザーのデータはFacebookに共有されない
  • 詐欺やマネーロンダリングなどの犯罪対策も大丈夫
  • ブロックチェーンが使われる

まだまだ具体的な発表がされていない部分があり、確証を持てないこともありますが、ざっくりこんな感じの仮想通貨だということがわかれば十分かと思います!

世界共通のお金が誕生するのかどうかははっきりわかりませんが、Facebookならやりそうな気がします!

口コミや評判を調査!

Facebookの仮想通貨リブラが正式発表されて、かなり話題となっていますが、その反応は様々で、賛否両論も別れています。

そこで、このFacebook仮想通貨(暗号資産)リブラについての口コミや評判を調べてみました。

あなたがリブラについてどういう方向で考えるのか参考になればと思います。

まず、事実して、上記にもあるとおり、多数の企業がすでにこのFacebook仮想通貨(暗号資産)リブラの支援や参加を決定していることは明白です!しかも世界的な企業が多数です!

そういった意味で、今までのステーブルコインの仮想通貨とは一線を画している気がします。

そのことを踏まえた上で話を進めていきます。

各専門家の反応は?

まず肯定派の意見としては

ビットコイン提唱者のエリック・ボールヒーズ氏はこのFacebook仮想通貨(暗号資産)リブラを称賛したうえで

Libraが「ピュアな暗号通貨ではない」のは明らか。使うんだったら、最初からプライバシーなんか気にしちゃいけないってことです。ボーダーレスな暗号通貨なんてそもそも期待するほうがおかしいんです。たとえば、Libraは制裁のあるイランでは絶対に使えるようにはならないしね。 暗号通貨はずっとすぐれています。でも現実問題として、Facebookが抑止できないようなだいそれたコインを作り出すなんてありえないんです(まあ少なくともこの初期段階ではね)。

出典:GIZMODO (https://www.gizmodo.jp/2019/06/how-cryptocurrency-world-repsonding-to-libra-fb.html)

このように述べています。

暗号通貨ウォレットBRDヴァイスプレジデントのスペンサー・チェン氏は

「これでブロックチェーンが一般的に浸透してくれれば。こういう加速がブロックチェーンには必要だった」

出典:GIZMODO (https://www.gizmodo.jp/2019/06/how-cryptocurrency-world-repsonding-to-libra-fb.html)

と楽観的な見方をしている一人です。

肯定派はこれもやはり、仮想通貨に何らかの形ですでに触れている人達ですね。そりゃあ肯定するでしょ!って感じですかね。

次に否定派の意見ですが、Facebookが正式発表した2019年6月18日の翌日である6月19日にアメリカ下院金融委員長マキシン・ウォーターズ氏は日経XTECHで次のような発言をしました。

「過去のトラブルを考慮し、フェイスブックに対して、議会や規制当局が内容を精査し対応するまで暗号通貨(仮想通貨)の開発を停止することに合意するよう求める」

出典:GIZMODO (https://www.gizmodo.jp/2019/06/fb-announced-cryptocurrency-libra.html)

そして、アメリカ下院は

ウオーターズ委員長は同時に「仮想通貨マーケットには現在、投資家、消費者そして経済を強固に保護する規制の枠組みが欠けている」とも指摘した。そうしたなか、仮想通貨マーケットにフェイスブックが「問題」を抱えたまま参入してきたことを、「仮想通貨が引き起こすプライバシーや国家安全保障、サイバーセキュリティーに関連するリスクに規制当局が真剣になるべきだとのウエイク・アップ・コール(目覚まし)だと認識すべきだ」と主張し、仮想通貨規制そのものの必要性を強調した。

出典:GIZMODO (https://www.gizmodo.jp/2019/06/fb-announced-cryptocurrency-libra.html)

このような反応を示し、仮想通貨マーケットの規制に懸念しているようですね。

その他にも暗号通貨のスペシャリストである、マシュー・グリーン氏(ジョンズ・ホプキンズ大学)

いつもどおり、Facebookが考えるLibraのプライバシーの優先度は一番後ろの後ろ。

出典:GIZMODO (https://www.gizmodo.jp/2019/06/how-cryptocurrency-world-repsonding-to-libra-fb.html)

とこれもプライバシーへの懸念を示唆していますね!

否定的な意見としては、やはりプライバシーがきちんと守られるのかであったり、安全面は本当に大丈夫?といった懸念があるのでしょう。

どちらにしてもプライバシーや安全面をどう捉えるかで肯定・否定が別れているように思えます!ですので、現在は自分の立ち位置によって考えを述べている段階ですかね。

Facebook仮想通貨(暗号資産)リブラは今後このプライバシーや安全面ということがキーポイントになりそうですね。

共通通貨の立場になりたいのであればやはりプライバシーや安全面をきちんとクリアしなければ、世界のお金の認識を持ってもらうことは難しいかもしれませんね。

次に一般の人の口コミや評判はどうでしょうか?

twitter
twitter
なんか流失しそう
twitter
twitter
なんか預けた金が気づいたら消えてそうで怖い
twitter
twitter
リブラつまり天秤、人類はすでに天秤にかけられてるってこと。つまり人類選別はもう既に始まっているってことなの。
twitter
twitter
ジワジワ暗号資産キテる。その頃にはセキュリティの問題など少しは解消されてるといいな。
twitter
twitter
まったく信用できない。誰が使うんだよ?

といった感じで、一般の人の意見としては否定派な感じが多かったですね!

ここでもプライバシーや安全面の懸念があったように感じました。

専門家は立場や立ち位置で捉え方が違うんだと感じましたが、一般の人は立場や立ち位置で捉えず、

Facebookが何故リブラをステーブルコインでやるのか?このリブラでどういった世界にして行こうと考えているのか?そもそも何故Facebookは仮想通貨をやろうとしているのか?など、

もっと抽象的な捉え方で見て欲しいと思いました。抽象的な見方をせず、断片的な見方をしていくと、もし自分の見解が間違っていたとしたときに、誤った見方に気づかず、そのまま泥沼にハマってしまうかもしれません。

いわゆる、柔軟な対応ができないということです。ですので、ぼくら一般の人は立ち位置は置いといて、もっと抽象的に捉え時代の変化を見ていきましょう!

まとめ

今回ご紹介した『Facebook仮想通貨(暗号資産)リブラの口コミや評判を調査!』はいかがだったでしょうか?

キャッシュレスが進んでいる中、仮想通貨(暗号資産)の筆頭になるかもしれませんね!Facebookのリブラが世界のお金になるかどうかはわかりませんが、お金の感覚が変わるきっかけになるのではないかと僕は思います!

仮想通貨は専門的な人のものだから関係ないや、という時代から結構身近な存在なんだと認識させられるきっかけになるのではないでしょうか?

どちらにせよ、お金のやり取りが非常に簡単になるメリットがある一方で、もちろん安全面での不安はやはりあると思います。

しかし、金融インフラが大きく変わろうとしている状況は理解しておくべきであり、リブラなどのステーブルコインはその金融インフラをより簡単に出来ます。よって世界のお金、つまり共通通貨として認識がさせるかされないかの課題はプライバシ―と安全面がキーポイントになってくると思います。

そこで、口コミや評判を調査してみて感じたのが、

肯定的な人はそもそも仮想通貨に肯定的であり、すでに何らかの形で触れている人達でしょう!

そして、否定派はプライバシーや安全面を懸念していると感じました。

新しい何かをやる時は肯定派はいつも少数ですね!、そして、否定派は多数であり、否定内容がいつも安全面などを主張してますね。

あなたはどちらになりますか?

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございます。

ではまた、Hassyでした。