サービス

高速道路道央道お盆2019の渋滞予想!帰省・Uターンラッシュは?

こんにちは、Hassyです!

もうすぐお盆ということで、子供を連れて帰省される方も大勢いらっしゃると思います!

その交通手段として車を使われる方は高速道路を利用されると思います!

そこで、車での帰省を考えている方に渋滞とUターンラッシュについて調べてみたので、チェックしてください!

夏休みということでかなり混雑するのは当たり前ですが、少しでも渋滞は避けたいですよね?

それには事前情報を入れるしかないので、やるべきことはやっておきましょう!

そして、高速道路の渋滞予想や帰省・Uターンラッシュはどうなのか?ある程度予想できれば、利用しやすさが違ってくると思います!

題して『高速道路道央道お盆2019の渋滞予想!帰省・Uターンラッシュは?』をお届けします!

この情報が少しでも役に立てば嬉しいです!

Sponsored Links

高速道路道央道お盆2019

2019年のお盆の期間をまずは把握しましょう!

2019年は祝日と土日が上手くあるので、最高で9連休となります!

お盆日程

  • 8月10日(土)
  • 8月11日(日)山の日
  • 8月12日(月)振替休日
  • 8月13日(火)~8月16日(金)お盆
  • 8月17日(土)
  • 8月18日(日)

このように最大で9連休のお盆休みとなりますので、ゆっくりできそうですね!

渋滞予想!

NEXCO東日本の高速道路においてお盆とは8月8日(木)~8月18日(日)の11日間を指しています!

その11日間における渋滞予想となります!

2019年のお盆で最も渋滞するのは

8月12日(月)・8月13日(火)

とNEXCO東日本が予想しています!

◆最も長い渋滞予想

①8月13日(火)

道路名E38道東道自動車道
渋滞発生区間追分町IC→むかわ穂別IC(下り・帯広方面)
距離大夕張トンネル付近を先頭に最大約15km
渋滞ピーク時間12時
原因道央道~道東への交通集中

②8月14日(水) 

道路名E38道東自動車道
渋滞発生区間芽室IC→トマムIC(上り・札幌方面)
距離狩勝第二トンネル付近を先頭に最大約15km
渋滞ピーク時間16時
原因長い上り坂とトンネルが連続することによる速度低下

渋滞予想を参考にして、混雑を避け、楽しいお盆にしましょう!

しかし、事故や天候お悪影響などで渋滞予想と異なる可能性もありますので、ゆとりを持って行動してください!

2019年のお盆も高速道路は渋滞しますし、小さい子供がいる方はトイレなどはキチンとSAで済ませておきましょう!

道央道の帰省・Uターンラッシュは?

お盆の時期の高速道路の利用目的で帰省の方が大勢いると思います。今回は高速道路の中で道央道の帰省・Uターンラッシュについてご紹介します!

道央道でも最も渋滞するであろうと予想される日

  • 8月12日(月)
渋滞発生区間江別東IC→岩見沢IC(下り・旭川方面)
距離10km
ピーク時間10km

予想される目立った渋滞はこの一か所だけのようですが、通常と違って、夏休みということも相まってお盆の時期の高速道路は混雑している状態です!

普段はスイスイ行くところも、なんとなく流れが悪いなぁって言う感じはあると思います!

それに加えて、帰省・Uターンラッシュと重なってしまうとかなり渋滞してしまうこともあるので、事前情報をきちんと入れて、出来る限り渋滞にはまらないよう計画を立て、ゆとりをもってお過ごしください!

まとめ

今回ご紹介した『高速道路道央道お盆2019の渋滞予想!帰省・Uターンラッシュは?』はいかがだったでしょうか?

2019年の最も高速道路が渋滞するには

8月12日(月)・8月13日(火)

お盆の時期は通常の時とは違って混雑していることが当たり前であり、帰省・Uターンラッシュには事前の情報で出来る限り避けるように計画すると、無駄な時間を過ごさなくていいですね!

ただ、事故や天候お悪影響などで渋滞予想と異なる可能性もありますので、ゆとりを持って行動してください!

といった予想することが出来ないこともありますので、お気をつけください!

めちゃくちゃ長い渋滞は道央道はあまりありませんが、状況は変わることがありますので、随時情報はチェックしてください!

最新の渋滞情報は、コチラで確認できます!

今回は以上です!最後までご覧いただきありがとうございます!

ではまた、Hassyでした。