news

吉本興業スリムクラブ無期限謹慎!芸人はなぜ闇営業をする?理由は?

こんにちは、Hassyです!

また吉本興業から闇営業によって謹慎する芸人が出ましたね!

その名もスリムクラブ!

しかも今回は主催者ではなく、参加者の中に反社会勢力の人がいたという理由で!

これはかなり厳しいのでは?という思いありますが、吉本興業もこういった時勢からコンプライアンスを遵守することに取り組んでいると思うので、ある程度は仕方ありませんね。

この問題は処分が良いとか悪いとかではなく、弊社はこういう姿勢ですよ!ということをきちっと表現しているのだと僕は思いました!

でもそもそもなぜ芸人さんは闇営業をするのか疑問に思いましたので、調べてみました!

題して『吉本興業からまたも謹慎する芸人が出た!なぜ闇営業をする?理由は?』をお届けしたいと思います!

Sponsored Links

吉本興業からまたも謹慎する芸人が出た!

この度カラテカの入江さんから端を発した闇営業問題。このパーティに関わった雨上がり決したの宮迫博之さんをはじめとした11人の芸人が謹慎処分となりました!

そこで、恐らく誰もが「これはまだまだ続くぞ!」って思ったと思いますが、案の定次の謹慎処分者出ました!

それはあの沖縄出身の芸人スリムクラブの二人です!スリムクラブと言えば2010年のM-1グランプリで準優勝をしたコンビですが、なぜ謹慎することになったのか?

理由は3年前のことですが、ある飲食店オーナーの誕生日パーティーに参加したことが理由で、同じく参加者の中に反社会的勢力の人がいたからということです!

もちろんスリムクラブのお二人は参加者に反社会勢力の人がいることを知らなかったと言っています!

吉本興業の立場としてはこれを見逃すことができず、この度スリムクラブの真栄田賢さんと内間政成さんを無期限謹慎処分としました!

なぜ闇営業をする?理由は?

ではなぜ闇営業をするのか?その理由はなんだろうということが気になったので調べてみました。

よくお笑い芸人がテレビで行っている吉本はギャラが安い!稼いだお金のほとんどを吉本に持っていかれるなどと言っているのを耳にしますが、

原因はやはりギャラの安さではないでしょうか!

ただどういった契約になっているのかわかりませんが、若手の芸人さんにはかなり厳しい環境だったのでしょうか?

もしそうなら、必然的に自分で稼がなきゃいけないという発想になり、まだまだ本業では食べていけない芸人は副業をやらざる得ないのかとも思います。

基本はバイトなどで生活しているとは思いますが、やはり一回数万円という仕事があるならやると思う。しかも芸人の仕事として依頼されているだろうし。先輩の紹介なら、なおのこと。

吉本興業の会社の体制が闇営業を慣習にしていく根本的な原因の一理でもあるような気がしました。

だからと言って闇営業をしていいかというとダメだと思いますし、反社会勢力との繋がりは絶対NGだと思います!

ただ、こちらからではなく、普通の人として、むこうから近づてくるものを立場的に追い払うのが難しいのも事実かと思います。

吉本興業も体制が悪いということに気がついているので、かなり厳しく取り締まっているのではないでしょうか!

ただ、この闇営業問題はどのくらい前までさかのぼるのでしょうか?かなり前までさかのぼるとしたら、宮迫博之さん同様の結構なビックネームが処分されるかもしれませんね。

そして、僕と同じように思っているコメントがありました。

このスリムクラブが無期限謹慎処分のニュースに対してのコメントです!

yahooコメント
yahooコメント
吉本はケチで有名だが、低ギャラの為に闇営業が後をたたないのでは。そうだとすれば、吉本こそが闇営業の温床であり元凶であろう
yahooコメント
yahooコメント
本人の意識問題があくまでも基本だが、吉本興業にも体質的な問題があるのではないか?
yahooコメント
yahooコメント
特に若手などは吉本がたくさん取って1000円とか500円とかしか渡さない、闇で稼がないと生活が大変、ということもあると思う。

まとめ

今回ご紹介した『吉本興業からまたも謹慎する芸人が出た!なぜ闇営業をする?理由は?』はいかがだったでしょうか?

闇営業をして、反社会的な勢力と関係を持つことは社会的にも決して許されることではないけど、

吉本興業の会社の体制そのものがこの闇営業の原因の一つになっているとも思います!

それをふまえてか、かなりコンプライアンスの遵守に力を入れているようですね。さかのぼる事をかなり前まで行うのであれば結構なビックネームも出るかもしれないですし、どちらにしても。今後もまだしばらくはこの闇営業での処分される芸人が出るかもしれませんね。

今回は以上です!最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた、Hassyでした。