news

台風10号2019クローサ上陸はいつ?電車・飛行機・高速の影響は?

こんにちは、Hassyです!

2019年も8月に入り、続々と台風が日本列島を襲っています!

現在で台風の数も10号となります。

この時期は帰省や旅行などで、なにかと出かけることが多いと思いますので、しっかり、台風情報はチェックして、十分にご注意ください!

現在発生している台風10号(クローサ)について、今回はお届けします!

そこで気になるのが、やっぱり交通への影響だと思いますが、旅行などで利用することが多いと思われる、電車・飛行機・高速道路についてチェックします!

題して『台風10号2019クローサ上陸はいつ?電車・飛行機・高速の影響は?』

この情報が役に立てば嬉しいです!

Sponsored Links

台風10号2019クローサ上陸はいつ?

2019年の台風10号(クローサ)は非常大型で強い台風ですので、注意が必要です!

そして、日本列島に直撃する可能性が高いとされていますので、いつ上陸するのかしっかりチェックしましょう!

2019年8月10日現在に出ている進路状況はこちらです!

来週の14日頃に西日本の太平洋側に強い勢力で接近する恐れがあります!

台風10号(クローサ)が上陸するのはお盆のシーズンになりそうですね!

台風10号(クローサ)8月10日6時現在

  • 大きさ 大型
  • 強さ 強い
  • 気圧 970hPa
  • 風速 35m/s
  • 瞬間風速 50m/s
  • 小笠原近海で停滞

旅行や帰省・レジャーなどで沿岸部を訪れる際は高波に十分注意してください!

11日には小笠原諸島、12日ごろからは西日本と東日本の太平洋側や南西諸島でもうねりを伴い波が高まるほか、大しけとなります!

電車・飛行機・高速道路の影響は?

やっぱり気になるのが電車・飛行機・高速道路への影響だと思います!

2019年のお盆時期は旅行やレジャーだけでなく、帰省やお墓詣りなどでどうしても帰らなければ行けなかったりすると思います。

ですので、交通機関である電車・飛行機や車で移動する方は高速道路への影響がどうなるのか、とても重要なポイントですよね!

2019年8月9日16時時点

電車

15日~16日を中心に新幹線/在来線ともに大きな影響が出る恐れがあります。太平洋側を走る東海道・山陽新幹線は14日~17日午前中はダイヤが乱れる可能性があります

◆高速道路

関東をはじめとした、広範囲で通行止めなど大きな影響が懸念されています。また東名高速道路の海沿いを通る区間や、神奈川県の西湘バイパスは越波(えっぱ)により、一足早く11日から影響が出始めると見ています。

飛行機

14日~16日にかけて条件付き運行や出発・到着遅れとなる可能性があります。特に関西空港や伊丹空港、中国・四国地方の空港など西日本ほど大きな影響がでる恐れがあります。

※台風の進路状況によっては変わったりする場合がありますので、こまめにチェックをして、現在の情報をお確かめ下さい!

お盆と重なることから多くの方に影響があるとおもわれます。そして、僕の知人も台風の影響により、旅行をキャンセルしたと言っていました。

旅行や帰省などで、飛行機・電車・高速道路など、交通機関をご利用する場合は十分にご注意ください!

台風が過ぎても要注意!

台風が過ぎたとしてもすぐは安心できません!

大雨により、川が増水していて、氾濫したり、低い土地の場合は浸水していたり、土砂災害なども起こる恐れがありますので、ご注意ください!

台風が過ぎても要注意!

  • 川の増水・氾濫
  • 低い土地の浸水
  • 土砂災害

以上のように、台風や大雨が過ぎたとしても、まだまだ注意しなければいけません。

油断せずに安全になるまで、注意しましょう!

まとめ

今回お届けした『台風10号2019クローサ上陸はいつ?電車・飛行機・高速の影響は?』はいかがだったでしょうか?

2019年も台風による交通機関への影響は多く、特に台風10号(クローサ)はお盆と重なっていることから多くの方に影響がでると予想されます!

そこで電車・飛行機・高速道路についてですが、

西本を中心に影響が大きく、14日~17日にかけてそれぞれに影響がある見込みです。そして、高速道路に関しては11日から影響がある見込みですので、ご注意ください!

現在の台風の影響でも交通情報はこちらでチェック

リアルタイム高速道路の情報はこちらでチェック

現在の状況をしっかりチェックして、安全に十分注意をしてください!

今回は以上です!最後までご覧いただきありがとうございます!

でははまた、Hassyでした。