news

志賀廣太郎緊急手術!原因は?後遺症は?現在は?脳血栓とは?

こんにちは、Hassyです。

かなり驚きました!!

あの三匹のおっさんでお馴染みの志賀廣太郎さんが緊急手術を受けられたとニュースで見たので、詳しく調べてみました。

バイプレーヤーで名脇役がまたか。って思いましたが・・・

そこで今回は題して『志賀廣太郎緊急手術!原因は?後遺症は?現在は?脳血栓とは?』をお届けしたいと思います。

Sponsored Links

志賀廣太郎緊急手術!

緊急手術を受け、入院中であることが分かったのが4月9日(火)で4月6日(土)の朝自宅で動けない状態になっていたのを事務所関係者が見つけ、病院に搬送されたようです。

演劇を見に行く予定で、時間になっても来なくて、電話をしても出なく、様子を見に行った関係者が発見した。当時は一人暮らしで誰もいない状態だったらしいです。

現在はテレビ東京系「きのう何食べた?」で西島秀俊(48)演じる主人公の父親役で出演していて、撮影も終わっていない場面は、代役を立てて調整中するということです。

志賀廣太郎さん(70)は「陸王」「三匹のおっさん」「いだてん(体調不良で昨年4月に降板)」「イノセンス冤罪弁護士」と引っ張りだこの名脇役です。

志賀廣太郎さんとは

1948年8月31日生まれ

桐朋学園大学短期大学部に入学し、中学・高校と演劇部に所属していて、俳優座の養成所が移管されると聞いたのが大学入学の動機。そこでは、演技の他。狂言、日舞、バレエ、体操を学んだが、能を観世銕之丞に学んだことが印象に残って、音声学を学んだ柴田武から「君はいい声だから大事にしなさい」と言われたという。卒業後はすぐに役者の道には進まず、ドイツで演技の基礎と考えて1年間専門学校に入学、その後ウィーンで日本人補習授業校の小中学生の国語教師を務める。1997年に帰国、1978年に母校の演劇科にて非常勤講師を務めた。学生には南果歩がいた。

自らも演じることが必要と感じ始めた40歳目前に平田オリザが主催する劇団「青年団」の舞台を観て共感し、教材としての使用を申し出た。後に教壇に立つ傍ら舞台に立ち続け、1993年に正式に劇団員になる。

山内ケンジに見初められ、46歳の時にアップルコンピューターのCMに出演し、注目を集めた。

1998年「もう、ひとりじゃない」で映画初主演

2000年代になり引っ張りだこになる。40代で離婚。

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺~」出演予定だったが、体調不良のため降板

2019年4月5日から6日にかけて脳血栓で緊急手術

志賀廣太郎さんはめちゃくちゃ渋くていい声の俳優さんですよね!雰囲気はとてもやわらかいのに声が男前というギャップがたまりません!!

酒好きの甘党で知られていて、あとは温泉が好きみたいです。意外というかそれはどうなの?ってところが私服はチェックしか着ないという。ファッションにはあまり興味が無さそうですね。

でもなんだかチャーミングな人だと伺えますね。そこが世代問わずに人気なのでしょう。

原因は?後遺症は?現在は?

緊急手術の原因は脳血栓だそうです。スタッフの方が自宅に行ったときには動けず、言葉も話せない状態だったそうです。

すぐに緊急手術をし、現在は命に別状はなく、後遺症はどうなのかははっきりわかりませんが、一部報道では後遺症は心配ないとの報道もありました。もちろんはっきりしたことは現在では言えませんが、後遺症が無く復帰してくれることをお祈りします。ただ、一先ず安心しました。そして、

所属事務所は「回復しましたら、また元気な姿をお見せできるよう、しばらく休養を取らせていただきます」とコメントしています。

しっかり休養を取って元気な姿を見せて欲しいと願います。

脳血栓とは?

脳血栓とは脳梗塞の一つの種類です。

脳梗塞とは

なんらかの原因によって、脳の動脈内腔がふさがれ、そこから先の組織に血液が流れなくなると、血液を運ぶ酸素や栄養分を供給できなくなるために、脳の組織が部分的に壊死した状態をいう

脳梗塞は2つに分類される

・脳血栓・・・脳の血管そのものが動脈硬化を起こし、それによってできた血栓(血液が固まったもの)が徐々に大きくなって血管をふさいでしまう状態

・脳塞栓・・・心臓など脳以外の場所でできた血栓などが、血流にのって流れていき脳の血管がつまってしまう

原因

・メタボリック症候群・過剰な塩分摂取・運動不足・糖尿病・脂質異常症・喫煙・大量の飲酒・ストレス・心房細動などの不整脈・加齢

症状(初期症状として)

・顔がゆがむ、表情がつくれなくなる

・片腕、片足が動きづらくなる、歩きづらくなる

・ろれつが回らなくなる、言葉が出てこなくなる

とにかく疑う症状を自覚した時は迷わず病院へGOです!!なぜなら、脳梗塞は時間経過とともに後遺症の程度がどんどん悪化しうる危険な病気なので、すぐに検査を受けましょう!

まとめ

今回お届けした『志賀廣太郎緊急手術!原因は?後遺症は?現在は?脳血栓とは?』はいかがでしたか?

このニュースを聞いたとき、えっ!?ってなり、まさか。ってなりました。でも命に別状はなくて良かったです。本当にゆっくり休んで元気になってください。

今回志賀廣太郎さんを襲った脳血栓は特別な病気ではなく日本人にはとってもよくある病気です。死亡疾患の順位でも“がん”についで第2位の病気であり再発も多いので、日頃の生活をきちんと見直し、高血圧にならないように心がけましょう!

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた、Hassyでした。