子育て

スマホって子育てに悪いの?スマホと子育ての上手な付き合い方

こんにちはHassyです。今回は誰もが便利でついつい利用しちゃうスマートフォン、いわゆるスマホを子供に使わせて大丈夫なのか?そんな不安、疑問にお答えしていこうと思います。

皆さんは子供にスマホを与えていませんか?

正直に言います!

僕の子供はスマホを使っています!

それでは使っているご家庭も使っていないご家庭も、ご覧になって上手に活用していきましょう。

スマホは子供のコミュニケーション力を下げるのではないか?

結論:そんなことは無い。

条件

  • 1日に何時間も1人で使わせない
  • 親子の会話の量を多くする

補足

スマホの研究はまだ始まったばかりで、はっきりとした結論は出ていない。参考にしたのはテレビの研究でテレビの視聴時間が短い子と長い子では長い子の方が言葉の数が少ない傾向にあるみたいです。

 

スマホを依存させたくない!どうすればいいの?

まずは、依存症ってどういうことを指すか?

僕の家庭ではあるのですが、同じものを何度も何度も視聴することってありませんか?

これは依存症では無い!ということを覚えておきましょう。

依存症とは同じもでは飽き足らず、より強い刺激を何時間も求めてしまうことを指します。

話を戻しますが、何度も視聴することはお気に入りのキャラクターを持つこと、つまり「あると安心するもの」という感覚ですので、あまり深く考える必要は無さそうです。

 

そうはいっても、何時間もスマホを見せることは抵抗があると思いますので、テクニックの一つとして覚えてもらいたいのが、終わりの時間を先に決めておく、これが大事です。

これには良いことが2つあります

  1. 長時間使わせないようにできる
  2. ルールを習慣化できる

僕は特に良い思うのはルールを習慣化出来ることで、さらに言えばルールを守れたときに大袈裟に褒めてあげることで、小さな成功体験を経験し、ルールを守ることの意味を学ぶことが出来ると思います。

寝る前にスマホを見せてはいけない理由

 スマホの光が睡眠を妨げてしまうから。

眠るためにはメラトニンというホルモンを多くしなければなりません。このメラトニンが多くなると人は眠ることが出来るのですが、目から明るい光が入ると、それが出なくなってしまいます。そして結果的に寝る時間が遅くなり、睡眠時間が短くなってしまいます。

簡単に言うとスマホを見てると寝る時間が遅くなるよってことです。

point/

「就眠儀式」を使って子供を寝せよう!

就眠儀式とは...「寝る前に必ず同じことをする」といこと(○○をしたら、眠る)という言わばルーティンを作るということです。

まとめ

スマホって子供にとって絶対悪だと思っていたのですが、意外と頭ごなしに悪いものというわけではなさそうですね。

きちんとルールを決めることで子供の教育の一環になり得たりしそうですね。

現代においてスマホは切っても切り離せないものなので、それであれば上手に、うまく利用しながら使っていく方が賢いのかなと思いました。

今回はこれで終わります。最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた。Hassyでした。