子育て

赤ちゃんが泣きやまない時の対処法

こんにちはHassyです。

今回は赤ちゃんが泣きやまなくて困った。心配だ。どうしたらいいの?というようなことってありますよね。

でも泣くことは赤ちゃんにとってとても重要なコミュニケーション手段です。

ネガティブに捉えず何かを伝えているんだと思うことがまずは良いのかもしれません。

 ではいきましょう。

なぜ赤ちゃんは泣くの?その理由は?

まずは赤ちゃんがどうして泣くのか考えていきましょう。そして、理由がわかることによって過度に不安になることが無くなります。

1、うまく寝られない。

赤ちゃんが脳の発達が未熟なために、睡眠と起きてる状態がうまく切り替えれないため

2、歯が生える前

歯が生えてくるときのムズムズした感じがあるようで、不快に感じるため

3、退屈している

退屈でママにかまってほしいため

4、腸がよく動く(ぜん動運動)

お腹がぐるぐるして、不快感があるため

このように代表的な泣く理由ですが、もちろん他にも様々な理由があると思います。

ただ赤ちゃんにとっては泣くことが大事なコミュニケーションの手段となっています。

普段の生活の中で探って行くことで、あなたのお子さんの「泣く理由」がわかってくると思います。

 

注意!緊急性の「泣き」の見分け方

先ほども言ったように泣くことは赤ちゃんにとってコミュニケーションの手段であるので、泣いているからといって全部が緊急性があるわけではありません。

そして、泣かないようにするよりも泣きの見分け方をきちんと理解しておきましょう

そこで注意しておきたいのが本当にヤバイ時の泣きなのかどうかです。

じゃあ、本当にヤバイ時ってどんな時かというと、「病気」の時です。

赤ちゃんは言葉で伝えることが出来ないのでお母さん、お父さんが気づかなければなりません。

そこで、ヤバイ時の泣きの見極める方法は

科学的に証明されている「泣き」を抑える方法をためしても全く泣きが収まらなかった場合です。

それでは科学的に証明されている泣きを抑える方法を見ていきます。

 

科学的に証明されている「泣き」を抑える5つの方法

1、授乳する

2、おしゃぶりを与える

3、スキンシップを取る

4、糖水を与える

5、抱っこして歩く

よくある方法ではありますが、馴染みがあるということはそれだけ効果があるということなんだと思います。

どれもなんか温もりを感じる方法ですね。古典的で原始的なのに最も効果があるって、人は愛情が大事なのだと思いました。

まとめ

親にとって赤ちゃんが泣くことってとても心配なことだと思います。でも、普段の生活で探っていくことで無駄に不安に思ったり、ストレスに感じること減るのかもしれませんね。

変化に気づけるように普段からのコミュニケーションをして行くことが最も大事だと思いました。

 

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ではまた。Hassyでした。