ファッション

egg復刊号販売店は?売り切れ状況や在庫がある店をチェック!

こんにちは、Hassyです!

令和の時代がとうとう始まりましたね!

ところで平成において、若者の支持を集めたあのギャル雑誌が復刊することになりました!

そうです!です!

ギャル雑誌と言えば“egg”!“egg”と言えばギャル雑誌というくらい、有名な雑誌ですよね!

世代の人にはめちゃくちゃ嬉しいことだと思いますし、絶対手に入れたいですよね!

そこで、どこで売っているのか、つまり販売店や売り切れていないかなどが情報が気になるところですよね?

今回は『egg復刊号販売店は?売り切れ状況や在庫がある店をチェック!』と題して、お届けします!

Sponsored Links

egg復刊!

2014年に惜しまれつつ休刊となった伝説のギャル雑誌“egg”が令和となって5月1日に復刊しました!

経緯としては、2018年3月に1年以内に復刊する事を目標にし、web版eggとして復活しました!

そして2018年1月29日に本格的に復刊に向けてキャンペーンを行った結果!わずか数時間で達成しました!

そのキャンペーンとは、

クラウドファンディングを利用したことによりさらに話題となりました!

クラウドファンディングの目標金額が100万円に対して、集まった金額は204万2000円でした!

つまり希望に対して204%ですので、かなり復刊を希望する人がたくさんいた事がわかりますね!

今回の復刊は1回きりのことで、今後続くかどうかはこの復刊号の売り上げ次第ということみたいなので、みんなで応援しましょう!

では令和の“egg”は何が今までと違うのか?

令和の“egg”と平成の“egg”の違いは簡単に言うと情報を一方通行から双方向になったと言うことです!

も少し具体的に言って、

平成の“egg”は、

雑誌が発信した情報を読者が読むことで完結すると言う一方通行

令和の“egg”は、

雑誌から情報を得るだけでは無くSNSなどで読者が情報を発信するという双方向

このように令和の時代はさらにギャルが輝く時代になると編集長である赤萩編集長は語っていました。

 

~追記~

春号が発売となりました!

 

どこで売ってるの?販売店は?

そんなegg復刊号を購入できる販売店はどこなのでしょう?

“egg”のtwitterによると、

セブンイレブン!!書店!!

で購入できるみたいなので、売り切れる前に急いでGOですね!

全国販売しているかどうかはわかりません!

なぜなら、札幌のセブンイレブンでは販売していませんでした!

もしかして、北海道だからまだ届いてないのかと思い、店員さんに確認したところ、雑誌や本が送られてくるリストに入っていなかったのでよくわからないという回答が返ってきました!

ちなみに1か所だけだと根拠に確実性が無いと思いもう1か所行きました!

2か所とも同じ回答なので恐らく札幌のセブンイレブンでの店頭販売は現在の時点では無いかと思います!

ただ、書店の店舗確認はできていないので、もしかすると書店ではあるかも知れないですね!!

ちなみに、紀伊国屋書店のオンラインストアでの販売はありました!

売り切れ状況や在庫がある店をチェック!

復刊となり、話題となっているので、売り切れや在庫があるのか気になると思いますのでその辺を調査しました!

札幌のセブンイレブンの店舗にはおいてませんでした!!2か所行きましたがどちらも雑誌のリストにすらありませんでした!!残念!!

でも大丈夫!

セブンイレブンはネットでも購入できます!

本日5月1日に調べてみたらまだ在庫はあったので、ネットで購入する手もありますね!

こちらからどうぞ!↓

書店の店舗で販売されているか確認はとれていませんが、紀伊国屋のオンラインストアでは販売されています!

そして、紀伊国屋書店のオンラインストアでも在庫があります!

こちらからどうぞ!↓

まとめ

今回お届けした『egg復刊号販売店は?売り切れ状況や在庫がある店をチェック!』はいかがだったでしょうか?

ファンの方にとってみたら、このegg復刊はとても待望の雑誌だったと思いますし、僕は個人的にうれしかったです!

そして、今回限りになるか、次も続くかは今回の売り上げによりますので、皆さんで応援しましょう!

ギャルというかなりピンポイントな層に向けた雑誌であるせいか、札幌のセブンイレブンの店舗には置いてなかったのがとても残念でした!

もしかすると、少し時間が経て店舗にも置かれるかもしれませんね!

でも今はオンラインで購入することが出来るので、現在ならまだ在庫はあるので気になっている方は急いでポチっ!ですね!

これをきっかけに、令和ギャルが続出するかも!しれませんねっ!!

でも、クラウドファンディングなどを利用して、自分たちで雑誌を復刊させるという熱意と行動力にとても共感します!!

ですので、僕はとても応援したい!と思いました!!

もう一度言います!

今回限りではなく、続くようにみなさんも応援しませんか?

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございます!

ではまた、Hassyでした。